<デザインキューブとは?>ウェーボ(uevo)のデザインキューブワックスの感想

ウェーボ(uevo)のデザインキューブワックスについて

デザインキューブ

皆さんはデザインキューブと云う言葉を御存知だろうか。
デザインキューブとはウェーボ(uevo)と云うブランドが発売しているヘアセット用のヘアワックスの事だ。
この名称のとおり、デザインワックスがキューブ状の入れ物に入っているのが特徴点だ。
ウェーボ(uevo)のデザインキューブは、普通だと丸い筒状の入れ物に封入される事が少なくないスタイリングワックスをキューブ状にして、更に多種多様な色を使用して中身を一目瞭然で判別可能にしている為、部屋の中に置いていても少しばっかりのインテリア的な小物みたいな感覚を所有出きるし、そこがウェーボ(uevo)の大評判の原因の1つでもあるようだ。


スポンサードリンク

デザインキューブのホールド、ハード、ニュートラル等のワックスの感想について

デザインキューブ

デザインキューブは、本来は8色だったが、ニューカラーが2色も入って、合計で10色に為っている。
グリーンのキューブには、ホールドワックスと称されるワックスが入れられている。
このホールドワックスの感想としては、ガッチリキープしたい人向けだ。
このうちイエローのキューブは、ハードワックスだ。
このハードワックスは、男性にも使えショートスタイルでも動きを表現しながらがっちりキープする。
デザインキューブのうちレッドのキューブは、ニュートラルワックスが入っている。
このニュートラルワックスは、ナチュラルな感覚で仕上がる為、感想としてはどちらかと云うとクセのない髪の人にお勧めだろう。
オレンジのキューブに入っているのはライトワックスで在り、文字通り軽い感覚の仕上がりで長時間キープすると云う、こちらは軟毛の人向けだ。
デザインキューブのうちグレーのキューブはドライワックスと称される、マット(ツヤ消し)の感覚で軽く決定したい時に重宝する感覚で在り、感想としては男性の無造作ヘアに向いた製品だ。
ブルーのキューブに入っているのはジェルだ。髪にうるおい感のあるツヤが誕生する。
タオルドライのあと、手の平に拡大して髪を握るような感覚でなじませる事で、細かな束(たば)の感覚が誕生する。


デザインキューブのソフトグロス、エアルーズ、ラウンドワックス等の感想について

デザインキューブのうちパープルのキューブは、ハードグロスが入っている。毛先に少しばっかりの遊びをつけたい時に優秀でべんりだ。
髪の毛にツヤがでると同時にセットもバッチリと決定する事だろう。
ピンクのキューブにはソフトグロスが入っている。
このソフトグロスの感想としては、ベースに使用するといい感覚に仕上がるとおもう。。
レモン色のキューブは、新色のエアルーズワックスだ。
このエアルーズワックスの感想としては、エアリーな感覚の仕上がりを目指したい人にお勧めなライトなワックスだ。
オレンジのキューブも、新色のラウンドワックスだ。
このラウンドワックスは、セット力が優れているほか、ピンクゴールドパール成分を配合している為、髪の感覚が明るくかがやかくイメージに成る。
ウェーボのデザインキューブは一般的に市販される80g入りのものの他に、200g入りの業務用も在り、ヘアスタイリストの中にもデザインキューブを使用している人は少なくないようだ。
デザインキューブは、同じコンセプトに基づいて造られた、性質のちがう10種類のワックスとジェルを利用して多種多様なヘアセッティングを実践するのに役立つと云う事だ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E9%AB%AA%E5%9E%8B&tbm=blg&output=rss&num=50






転職支援