<ケミカルピーリングとは?>ケミカルピーリングの美肌効果

ピーリングの種類とピーリング用品について

ケミカル,ピーリング

ケミカルピーリングの効果で、にきびをなおして美肌になろう!
ピーリングには、ケミカルのみでなく、クリスタル、ウォーター、サリチル酸マクロゴール、レーザー、tcaと云う種類まで有る。
更に、あまり私が聴かない名前もしくは名称のものとしては、ダイヤモンドピーリング、イオンピーリング、背中ピーリング、オバジピーリング、カーボンピーリングと云われる珍しいものまで有る。
皮膚科で実践するのは、ケミカルがメインだが、殊更に広島県や銀座、更に、大阪や名古屋の皮膚科が大評判のようだ。
他に、自身の家で出きるピーリング用品としては、ピーリング材と云われるもの、石鹸(ソープ)、ジェルまで有る。


スポンサードリンク

ケミカルピーリングとは?

ケミカル,ピーリング

近頃、雑誌やCM等でよく耳にするが、さて一体ピーリングとはどういうものなのだろうか。
ピーリングとは、たまりに貯まった古い角質を取り除き、本来の新しい角質を取もどす事をいうのだ。
この古い角質は、意外と厄介な為、小じわやシミ、クマ等の肌の原因とも云われている。
ピーリングは英語だが、日本語に訳すと[皮をむく、剥ぐ]と云う意味に成る。
何だかそれのみを耳にすると恐いような恐いものに聴こえる。
ピーリングには、多種多様な種類が在り、その中のケミカルピーリングと云うもが有る。
このケミカルピーリングは、AHAと云うフルーツ酸と云う酸性の天然の液を肌に塗り、古くなった皮膚をはがしていくと云う方法の事を云う。
治療をしてから焼く10日間で新しい皮膚が作られ、小じわやにきび、また毛穴がつまった人にはたいへん効果的なものだ。
このケミカルピーリングを継続する事で更に効果が表れるそうだ。
肌トラブルが気に為っている人には、このケミカルピーリングと云う治療法はお勧めだとおもう。


ピーリング治療の概要について

皮膚の表面を溶かし、新しい皮膚をよみがえらせる治療法のピーリング。
ピーリングと云っても多種多様な方法が有る。
例を挙げると、1番数おおく耳にするケミカルピーリングだ。
ケミカルピーリングは、AHA、アルファハイドロキシ酸に属する酸を皮膚の表面に塗り、古い角質を除去し新しい皮膚を作成すると云う方法だ。
次にレーザーピーリングが有る。これは、レーザーを使用して古い角質を取ると同時にコラーゲンを増やし新しい皮膚を作成していくと云うものだ。
他には、インオーガニックピーリングと云うものが有る。
これは、電動グラインダーと云うものを使い、直接皮膚をはがす方法と、細かいちっぽけな粒子を肌に吹き付ける事で皮膚を磨くマイクロダーム・アブレーションやクリスタルピーリング、ダイヤモンドピーリング、ウェットピール等が有る。
大抵は1番認識されているケミカルピーリングが治療法に使用される事が少なくないようだ。
ケミカルピーリングの中にも使用する液に拠ってまた種類が分類されてくるのだ。
日本で1番使用されているのは、グリコール酸と云うフルーツ酸を用いた治療法だ。
他にはサリチル酸マクロゴールを用いた治療法だ。このサリチル酸マクロゴールは、治療後1から2週間後に効果が表れる。
これは、にきびの原因となるコメドと云う角栓が出きにくいと云うデータがでているそうだ。
これ以外、トリクロール酢酸やフェノール、乳酸等を使用したケミカルピーリングも有る。

ダイヤモンドピーリングとは?

ケミカルピーリングやイオンピーリングはよく耳にする。
皆さんは、ダイヤモンドピーリングって耳にした事は有るだろうか?
ダイヤモンドピーリングは、目の周りや口元の色素の沈着、毛穴の開き、シミやくすみ、にきび跡等苦しんでいる人には実に効果的だ。
これは、名前もしくは名称のとおりダイヤが入っている特殊なソフトスポンジで振動をさせて、肌を均等に削っていくと云う治療法だ。
刺激はケミカルピーリングよりも少なく、現状までは不可能だったデリケートな部分、例を挙げると瞼や唇や首のあたりも適用可能になったのだ。
美容大国の韓国でもこのダイヤモンドピーリングに火がつき、旦那様が奥様に美容整形をプレゼントする事も稀じゃない。
このダイヤモンドピーリングは、勿論自身の家でも出きる。
化学薬品やレーザー光を一切合財使用していない為、専門的な知識のない我々一般の消費者でも誰でもシンプルに実践する事が出きるのだ。
韓国の医療機器製造メーカーが開発したダイヤモンドピーリング美容器が実に大評判を呼称しているのだ。
それは、薬剤等を一切合財使わず、天然のダイヤモンド片を加工したチップを肌の上にのせて軽くすべらすのみで良いのだ。

ピーリング石鹸(せっけん)の上手な使い方にかんして

にきび肌や小じわ、シミ等で困っている人って予測外に少なくないのだ。
私もその1人で、どんなに化粧で隠してもしわやシミって隠れてくれないのだ。
殊更に若い頃は、にきびによく苦しめられたのだ。
にきびが出きていると、人と会うのが恥ずかしい、男性に顔をみられたくないなんておもっていた。
しかしながら、現状ではそのような悩みや苦しみはもういらない。
ピーリング石鹸(せっけん)がにきびのお肌を解決してくれたのだ。
AHAと云うフルーツ酸の天然の液が包括されているピーリング石鹸(せっけん)があるのだが、それを使用すると実に効果があるのだ。
このAHAにも多種多様な種類が在り、その中でグリコール酸と云うものが有る。これは、分子量が実に小さいので肌への浸透力も良いのだ。
このピーリング石鹸(せっけん)を泡立て、顔に優しく擦り込むと毛穴の奥の奥まで浸透していき、ツルツルピカピカ肌が蘇るのだ。
但し、ピーリング石鹸(せっけん)を使用する前に注意しなければならない事が有る。
それは、洗顔をするのは、1日に2回、お肌がツルツルに成るからと云って、1日に何回もピーリング石鹸(せっけん)で洗顔するとそのうちこそは反対にお肌を守る機能が低下して肌トラブルの原因になる。
また、ピーリング石鹸(せっけん)を泡立て優しく顔をマッサージしたら、そのままちょっとの間、顔の上にのせたままにすると効果が上がる。
しかしながら、もしお肌がピリピリしたらすぐにピーリング石鹸(せっけん)を洗い流して欲しい。

背中ピーリングとは?

ピーリングには、にきびやシミ等顔の治療のみではなく、背中のピーリングもあるのだ。
背中は、普段自身ではみえない黒ずみや毛穴のブツブツが有る。その原因と云うのは、日焼けやシャンプーの洗い残し、また体に合わないボディシャンプーを使用している等、多種多様な事が考えれる。
背中は、顔とちがってなかなかどうして目が届かずついつい洗うことを失念したりしがちであるためだ。
背中ピーリングで、背中の古い角質を取り除き、新しい背中を蘇らせよう。
背中ピーリングは、顔と同じようにエステや美容外科に通わなくても自身の家でシンプルに実践出きる。
背中ピーリング専用の石鹸(せっけん)をあわ立たせ、それを練りこむように背中を洗おう。こすったり、つよく洗浄したりするのは禁物だ。
また、背中を洗浄する専用のタオルが有る為、それを使用するとより効果的だ。
石鹸(せっけん)には、相当の種類が有るが、背中ピーリング専用の石鹸(せっけん)には、BHAと云うサリチル酸の石鹸(せっけん)がお勧めだ。

イオンピーリングとは?

イオンピーリングとは、厚く積み重なった角質の層をはがしていき、マイナスイオンの力で美容液のベータカロチンをお肌にたくさん浸透させ、活性酸素を取っていきながら本来の肌の再生する力を高めて、誕生したてのピチピチの肌へと接近させる新しい形のメディカルスキンケアだ。
このイオンピーリングは、にきびやにきびのおうとつ、くすみ、ファンデーションがのらない、肌の黒ずみやシワ等に実に効果が有る。
イオンと云うのは、電解質の溶液を使用した化粧品や治療方法の事をイオンと呼称するそうだ。
イオンピーリングを体験して、ケミカルピーリングよりも痛みが少なかったとか、終ったあとのヒリヒリ感があまりなかったと云った報告もあるようだ。
どうしてもイオンピーリングを体験したいと云う人は、サロン等に行かなくても自身の家でも出きるので平気だ。
やや値段はかかるが、自身の家で出きる肌のトラブルがおおくはない弱酸性のピーリングが有る。
それは、海洋深層水から誕生したマイナスイオンの無添加化粧品で、弱酸性の成分が汚れや古い角質を丸め込んで優しく落としてくれる。
現状までのようなつよい酸性で皮膚を溶かすようなものじゃない。である為、皮膚トラブルも少なく、新陳代謝を活発にし、ターンオーバーも速め、みずみずしいお肌をキープしてくれる。

にきびとケミカルピーリングにかんして

にきびに効果のあるケミカルピーリングは、皮膚の1番上の角質を取り、新しいツルツルの肌をよみがえらせる治療法と云われている。
にきびは、表面がクレーターのようにデコボコになっており、それをケミカルピーリングに拠って治そうとすると反対に赤くなったり皮が剥けたり非道くなったりする事も有る。
我々の肌、つまり1番上の皮膚はとっても肝心な為、それをケミカルピーリング治療に拠ってはがしたり溶かしたりすると、そこから細菌が入ったり、カビが生えたりする事も有る。
そして、にきびの出きた敏感な肌をケミカルピーリング治療するとなると、炎症をおこしたりとニキビを悪化させてしまうのだ。
である為、こういった敏感肌の方へのケミカルピーリングは、可能な限りやめたほうが良いとおもう。
また、ケミカルピーリングをするにしても皮膚科のドクターとよく対話し、自身が了解した上であるべきだ。
エステサロンや皮膚科、美容外科等では、その人に合ったにきびの治療法が有る。
例を挙げると、にきびが現状出きていてそれを治療したい人、またにきびの跡が非道くてそれを綺麗に治したい人等、自身にあった治療法で出きる為、にきびで苦しんでいる人は1度、皮膚科やサロン等に足を運んで対話してみると良い。

ケミカルピーリングの効果にかんして

古い角質を除去してターンオーバーを誘うのがケミカルピーリングの目的だが、だいたい角質を除去してから1ヶ月ほどで新しい皮膚が蘇る。
しかしながら、歳をとればとるほどこのターンオーバーが遅れてゆくのだ。この遅れを取戻し、正常化にするにはケミカルピーリングは実に効果のある治療法だ。
さて、そのケミカルピーリングの効果だが、いったいどういった効果があるのだろうか?
それは、シワの改善や潤いを高める、そしてハリを取もどすと云った効果が有る。
また、ターンオーバーが異常なくもどる事により、深い層にあるメラニンが浮き上がってきて、肌の黒ずみや色素が取れるのだ。
そして、肌のくすみや黒ずみ、もしくは妊娠線等も綺麗に成る。
更には、古い角質を取り除く事でにきびが改善されたり、ツルツルの肌が蘇ったりする。
しかしながら、ケミカルピーリングにこういった効果があると云う事を女性の数おおくは興味ない。私もその1人だった。
ここでその効果を知り、子育てに一段落がついたら是が非でもケミカルピーリングを試してみたいとおもっている。
ケミカルピーリングの効果で、若い頃のようなツルツルピカピカお肌をいつか取りもどせるよう、そのときまで楽しみをとっておこうとおもう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E8%87%82%E2%80%A0%E2%80%A0%E2%80%A0%E2%80%A0&tbm=blg&output=rss&num=50






転職支援