<外国人の就職活動>外国人の就職活動と求人募集、支援セミナーや転職説明会

外国人の就職活動について

外国人,就職

外国人が日本で就職活動を実践したり求人募集に応募する為には、ビザが必要だ。
近頃は外国人就職を支援するセミナーや転職説明会も増大してきた。それだけ日本で活動する外国人が増大してきたと云う事だろう。
私が以前、勤務していた会社は中国のIT企業であり外国人の就職者が多かったが、その前に勤務していた自動車メーカーの工場でも外国人の派遣社員が多かった。
前者は、中国人がメインで、後者は南米のペルー人やブラジル人が多かった。
どちらも1日に何回も会う為、日本もずいぶん外国人の就職が増大したものだなぁとカルチャーショックを受けたものだ。


スポンサードリンク

外国人の就職と身分又は地位に基づく在留資格について

外国人,就職

外国人の就職にかんしては、まず初めはその外国人が正規に活動する事の出きる[在留資格]を所有しているかを使用者が確認しなくてはならない。
もしくは、外国人労働者ならば外国人の就職としての[在留資格]と云うものを取得しなければならない。
[在留資格]と云うものを確認する事で、もしくは取得する事で、その外国人の就職が可能となるわけだ。
まず初めに、殊更に大きな規制の無い[身分又は地位に基づく在留資格]は、日系人や日本人の配偶者等がその資格を所有している。
1990年の法改正により、この[規制]の無い外国人の就職が認められる事に成ったのだ。
この時、外国人の就職にかんして殊更に大きな規制を受ける事がない為、何か特別な職種に限られると云う規制状態にはならない。


外国人の就職と規制つき在留資格について

他方、外国人の就職が認められてはいても、その就職にかんして何種類かの規制が設けられていると云う[在留資格]が有る。
この[在留資格]のケースの場合、[外交]、[技術]、[調査]、[人文知識・国際業務]等の職種ならば、外国人の就職が可能となる。
この[在留資格]にかんしては、その資格を得た時に[留学生]等の立場であったケースの場合には、外国人の就職として[留学]から[在留資格]への変更申請を早目に済ませる事が必要だ。
この時、日本人と同等の報酬を約束する事が条件となるような為、高度な専門的領域を担当する外国人の就職用の在留資格とも言えそうだ。
また、外国人の就職の前に、就職はしていけない状況も有る。それは[留学]や[短期滞在]、[文化活動]等だ。
滞在は勿論可能であるが、就労する事が不可能と云う事だ。
但し、[留学]、[就学]、[家族滞在]にかんしては、資格外活動許可があれば一定の規制内でのアルバイトは可能だ。

外国人の就職と不法就労の問題について

外国人の就職にかんしては、ただしく活動している時には、雇用殊更には全く影響がない。
しかしながら、[不法就労]等何らかの問題がある外国人の就職のケースの場合には、雇用主側にも短所が少なくない為、充分に気を付ける必要があるだろう。
日本における[不法就労]の罰則はたいへん厳しく、[3年以下の懲役、又は300万円以下の罰金]となる。
大手の製造会社等の下請け会社では、日系ブラジル人等の[身分又は地位に基づく在留資格]を所有する外国人の就職がおおくみられる。
キッチリとした資格を所有する外国人の就職以外にも、日本ではいまだ、安い賃金で雇用出きる外国人の不法就労もおおくあるのが問題として残っているようだ。
外国人の就職は、日本の雇用主の立場からも、違法性の無いただしい働き方をさせる事が現状の日本にはつよく求められている。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






転職支援