<英語学習指導案とは?>英語学習指導案と小学校や中学校

英語学習指導案にかんして

英語,学習指導案

英語学習指導案とは、小学校や中学校で英語を現実に教える側の教師達が授業等を進めていく際、どう進めていくかと云う情報を記載した計画書のような指導案の事を意味している。
小学校や中学校の英語学習指導案に限らず学習指導案は、一般的には教えられる側、つまり生徒側の立場からだと閲覧する機会がないものだ。
このためか、殆どの人達は英語学習指導案のような[学習指導案]と云った言葉を耳にした事があっても、いままで相当の学習指導案を観てきたと云う人は予測外にもおおくはないとおもう。
そして、英語の教師であれば英語学習指導案と云った指導案を提出しなければならないのだ。


スポンサードリンク

英語学習指導案の書き方と年間指導計画について

英語,学習指導案

通常、教師達は、英語の教師であれば英語学習指導案、数学の教師であれば数学学習指導案と云った指導案を提出しなければならず、これには授業を進めていく上で、各単位ごとにどう指導していくかまで記入しなければならなく為っている。
英語学習指導案のような学習指導案の書き方としては、年間指導計画と云うものを参照事項として計画される。
例を挙げると、英語学習指導案の書き方であれば、何回の授業で教科書のLESSON1を完結させるのか、その授業は一斉授業形式なのか、それともグループ学習形式なのか、もしくは調べ授業形式なのかと云ったように、いったいどんな形式で授業を行っていくのかまで計画しておかなければならないのだ。
そして、そこから更に、その授業ではどういった事をどんな手順で生徒たちに指導していくのか等を計画し、その指導の中でどう生徒を評価していくのかと云う情報を纏めてスタートしてただしい英語学習指導案の書き方となるわけだ。


英語学習指導案と絶対評価や相対評価、情報公開について

前述したように、英語学習指導案と云ったケースの場合、小学校や中学校で英語を現実に教える側の教師達が授業等を進めていく際、どう進めていくかと云う情報を記載した計画書のような指導案の事を意味している。
この英語等の学習指導案は、授業参観等で参加した親たちに配布され、授業の目的や授業の大展開方法等を講釈するのに選択するわけだ。
しかしながら、近頃では、指導とその評価の一体化と云うものがたいへんつよく求められる風潮にある為、英語等の学習指導案で授業の計画を表示すると同時に、どう生徒を評価していくのかとい事も示す任務もつよくなってきている。
殊更に、生徒の評価方法が相対評価から絶対評価に変わってからは、こういった具合に指導と評価の一体化と云うものが英語等の学習指導案の書き方にもつよく求められる風潮にあるようだ。
絶対評価は、今までの相対評価と比較して、他の生徒の成績を考慮にいれる事なく、その生徒本人の能力をそのまま評価しようとするものである為、優れた評価方法だと考慮されているようだ。
しかしながら、絶対評価のケースの場合、学校に拠っては成績が全て点数化されたものに拠って評価されると云う事で問題視する声もあるようだ。
また、絶対評価には到達度評価と認定評価の2つの評価方法が有るが、その中の認定評価は、公開されていない基準をもとに生徒個人を評価すると云う、どこか相対評価の側面を残した評価方法で在り、これのみで生徒を評価する事は基準の把握出きる事が出きない生徒には悪影響があると云う意見もあるようだ。
教育にかんしては、昔から多種多様な事が取り沙汰されているが、指導や評価と云った部分は生徒が1番注目する部分でもある為、これからは英語学習指導案のような学習指導案も情報公開されていくのかも知れない。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E8%8B%B1%E8%AA%9E&tbm=blg&output=rss&num=50






転職支援