<英語ノートの取り方>文部科学省の小学校英語ノートと指導案、デジタル版、電子黒板

英語ノートの取り方について

英語ノート

文部科学省が「小学校外国語活動ホームページ」で英語ノートの教材の発表をした事は記憶に新しい。
これを受けて、小学校の英語活動の指導案として、英語ノートのデジタル版を電子黒板に表示させて小学生に英語教育する小学校もあるようだ。
文部科学省の「小学校外国語活動ホームページ」に記述されている英語ノートに準拠した絵カードも小学校の先生から評判で、無料で絵カードのテンプレートをダウンロード出きるホームページもある。
↓参照事項URL
http://hapilab.obunsha.co.jp/material/e_card.php

 

また、参照事項として英語の絵カードテンプレート集はCD-ROM等でも販売されている。


スポンサードリンク

英語ノートの必要性について

英語ノート

英語ノートの作り方は、英語学習の基礎を築くための途方もなく大事なポイントで在り、英語ノートつくりが英語の上達を左右すると云っても差し支えないほどの必要性の高いものだとおもわれる。
英語は、書けなくても良いので喋れりゃ良いから英語ノートの必要性なんてない、と云う考え方はあまりただしいとは云えない。
[詠む]、[記述する]、[談じる]、[耳にする]のどれか1つでも欠ければ、中途ハンパな英語力しか身に付ける事は不可能だろう。
日本の英語の学習指導方法はあまりにも記述する事を重要視しすぎだと、批判されがちであるが、押しなべて本当にその通りだろうか。すなわち英語ノートの必要性なんてあまりないのだろうか。
答えは、NOだ。
どんな科目の学習も同様であるが、超天才的な記憶力の持ち主でもない限り、英語ノートのように[記述する]と云う動作をやらないと本物の学力は身に付かないものなのだ。


英語ノートと語学学習について

英語のような語学学習にはゴールと云えるものは実在しない。
例を挙げると、英単語だけでも、おぼえようとおもったら数限りなく凄まじい量の、それこそ一生かかってもおぼえきれないほどの単語数があるのだ。
まさに、英語ノートは英語と云う語学学習とは切っても切れない必要性の高いノートなのだ。
そして、英語ノート等に[記述する]と云う事は、[詠む]、[談じる]、[耳にする]と云う語学学習に必要な全ての要素のベースとなるものだ。
英語ノートは、これら語学学習に必要な全ての要素の力を総合的に飛躍的に向上させるための補助的な任務も担っているのだ。
私は、語学力で1番肝心な事は、ボキャブラリー(語彙力)の数であると確信している。
たとえ文法がパーフェクトではなくても、英語ノートをうまく利用してボキャブラリー(語彙力)を豊富にしておけば、ネイティブスピーカーとの会話は充分に成立するからだ。

英語ノートの取り方について

では、ボキャブラリーを増大させるため効果的な英語ノートの取り方を観てみよう。
英語ノートを効率的に作成する為には、[関連性]が途方もなく大事な要素と云えるだろう。
例を挙げると、[fast]と云う1つの単語を英和辞書で吟味すると、[速い]と云う意味の形容詞と、[速く]と云う意味の副詞が実在している事が把握出きる。
更に辞書には、反意語が[slow]で在り、比較や最上級語の[faster]、[fastest]等も同じ項目に掲載されているので直ぐに目につくのだ。
これだけで、[fast]に関連する形容詞、副詞の意味が2つ、反意語が1つ、比較や最上級語で2つと合計で5つの単語を吟味する事が出きたわけだ。
英語ノートの取り方として、これらを、英語ノートにまとめるわけだ。
"fast[ファスト]→(形)速い、(副)速く、(反)slow、(比)-er、(最)-est"
こういった具合に派生していく単語を英語ノートに一括していけば、1つの単語から5つ、6つとかんした単語を同時に記憶する事が出きるのだ。
これは、自身のボキャブラリーを増大させるための1番シンプルな英語ノートの取り方であるが、例文等のよく使用される表現をプラスして英語ノートに纏めておけば、よりおぼえやすい学習が可能に成る。
発音にかんしては、発音記号を英語ノートに記述しておいても詠めなければ意味がないから、[ファスト]のようにかな表記の方が現実には役に立つだろう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






転職支援