<リクルートインターンとは?>リクルートインターンの人気企業ランキング

リクルートインターンとは?

リクルート,インターン

リクルートインターンとは、学生が一定期間、現実に企業で研修生として活動し、自身の将来に関係している仕事や、熱望する職種で[活動体験]が実行出きる制度だ。
リクルートインターンとは、[体験入社]のもっと本格的なタイプだとおもって欲しい。
リクルートインターンは、対象が学生であるため夏休みや春休み等のやや長い休みをうまく利用して実践される。
就職活動の直線に体験入社が出きれば、[入社したけど、何かがちがう、こんなはずじゃなかった・・]と云う誤解は誕生しにくくなる。
近頃では、大学だけではなく、大学院、短大、高等専門学校等もリクルートインターン制度を導入しつつある。
アメリカ版のリクルートインターンでは、給料も支出される事が殆どな為、アルバイトをする必要もなくなると云うわけだ。


スポンサードリンク

リクルートインターンの人気企業ランキングについて

リクルート,インターン

リクルートインターン制度は、誰でも自身の好きな企業に足を運べば実体験出きる訳でもない。
大評判の難関企業には勿論熱望者が殺到する。
もしも、リクルートインターンで自身が選択されれば、本当の就職活動の時に優位に立てるかも知れないからだ。
こう考慮すると、リクルートインターン制度って侮れないものだとおもわないだろうか。
リクルートインターン攻略情報だけを扱うホームページもあるくらい、年々加熱している。
ここで、大評判のリクルートインターンの企業ランキングを御案内しようとおもう。
第1位は博報堂、第2位はゴールドマン・サックス証券、第3位は伊藤忠商事、第4位は豊田通商、第5位はP&G、第6位は三菱商事、第7位はベネッセコーポレーション、第8位はバンダイ、第9位はテレビ東京、第10位は三菱東京UFJ銀行だ。
これらの企業は、リクルートインターン制度を設けている会社だけなのだが、そうそうたる企業名が居並んでいるとはおもわないだろうか。
リクルートインターン制度にも多種多様なタイプがあって、1日だけのリクルートインターンもあれば、1週間レベルのタイプも在り、2週間から3週間のタイプや、それ以上の長期間等等・・企業に拠って多種多様だ。


リクルートインターンの内容とアメリカについて

リクルートインターンの内容も企業に拠って多種多様だ。
例を挙げると講座型、実践型、プロジェクト型等もあれば、コンテスト型、合宿型、営業系等も在り、更に採用直結系、企画・マーケティング系、システム・エンジニア系、経営管理系、報酬あり系、等等タイプを挙げればきりが無い。
疑う余地もなくリクルートインターンは[選択される側]に異ならないが、その前にこちらから[選択する]事も大事だ。
日本のリクルートインターンはまだまだ開始したばっかりであるが、アメリカではもっとシビアだ。
企業が、学生が大学等に入学した時点からリクルートインターンで職場体験をさせる事で、現実に正規入社した時の即戦力としてうまく利用出きるくらいの技術を身につけさせる。
調査等の業務をメインに行っている会社のケースの場合ならば、学生時代に実践した調査をバックアップしておいて、入社してからもその調査を継続させる事も有ると云う。
ここまで来ると、リクルートインターンこそ究極の青田買い制度なのじゃないだろうか。
なぜならば、大学に入学したと同時に入社するための研修が開始するわけだ。
さすがアメリカであると言わざるを得ない。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%B5%A8%E6%8E%A9%E6%9F%91&tbm=blg&output=rss&num=50






転職支援