<ヘルパー1級の資格取得方法>ヘルパー1級の通信講座や職業訓練校で資格取得するための料金

ヘルパー1級の資格取得方法について

ヘルパー1級,資格取得

今回は、私がヘルパー1級にかんして吟味してみた結果を案内したいとおもう。
いわゆるホームヘルパーと云う資格には、1級から3級までのランクに応じた資格が有る。
このうちホームヘルパー3級で出きる範囲は大幅に限定されており、現実に介護の職場で活動する為にはホームヘルパー2級以上を必要とする事業所が殆どである事を気付いておくべきだろう。
そして、ホームヘルパー2級の資格を得て、介護実務経験1年以上であれば、ホームヘルパー1級の資格を取得するための養成研修を受ける事が出きると云うわけだ。
ホームヘルパー1級取得の為に必要な試験は実在せず、養成講座を約半年間受講する事で取得出きる。
これがヘルパー1級の取得方法だ。
他に、看護師や介護福祉士の有資格者も、ヘルパー1級資格取得者と同じスキルがあるとされてヘルパー業務を実践する事が出きる。


スポンサードリンク

ヘルパー1級の仕事内容と需要について

ヘルパー1級,資格取得

現実のホームヘルパー1級の資格と云うのは、介護訪問事業に於いてサービス提供責任者になれると云うのが最大最高のメリットだ。
ヘルパー1級の仕事内容は、介護サービスのうまく利用者とホームヘルパーとのコーディネート役になったり、部下の育成を実践する等の面での活動が待望される任務であると云えるだろう。
現実に、ホームヘルパー1級の養成講座でも、困難な事例解決にかんしたカリキュラム等がおおく、ホームヘルパーとしての実務的なカリキュラム内容は、あくまでホームヘルパー2級レベルだ。
更に、2005年の厚生労働省の指針により、これからは介護の現場における資格をヘルパー1級ではなく介護福祉士に統合すると云う事が示された。
これで、ホームヘルパーの需要が紛失したのかと云うとそうではなく、いまの人手不足の福祉現場に於いては依然としてホームヘルパー2級、もしくはホームヘルパー1級と云う人達の需要は消耗するどころか、高まる他方だ。
但し、1部の施設に於いては、介護福祉士>ホームヘルパー1級>ホームヘルパー2級と云うランクがつけられているケースも在り、これからは介護福祉士の方が役に立つ資格になってくると云えるようだ。


ヘルパー1級とニチイ学館の通信講座、職業訓練校の料金について

ホームヘルパー1級は決してやさしい資格じゃないが、養成講座を受講する事で取得する事が出きる。
反対に、介護福祉士は国家資格であるから、受験を突破しないと取得する事が不可能だ。
こういった意味でも、ヘルパー1級よりも介護福祉士の方が尊重されると云うのもやむを得ない事なのかも知れない。
ホームヘルパー1級は実質的に実務経験1年以上、介護福祉士は実務経験3年以上が必要事項であるが、現実にはホームヘルパー1級の取得にはホームヘルパー2級の取得が大前提条件と為っている為、ホームヘルパー1級の受講資格と、介護福祉士の受験資格が、ほぼ同時期に重なって得られると云う人も少なくないようだ。
このような時、ホームヘルパー1級にするべきなのか、介護福祉士にするべきなのか苦しむとおもうが、どちらを取得すべきかは職場の環境にもよるので全般的には云えない問題だろう。
ついでに、ヘルパーを学校へ通学、もしくは通信講座で受講するならニチイ学館の評判が良い。
職業訓練校でヘルパー1級を取得する事も可能で、このケースの場合の料金の自己負担額は2万円から3万円くらいのようだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






転職支援