<ヘリコプター免許(ライセンス)>ヘリコプター免許の取得費用、取得方法、英語力

ヘリコプター免許(ライセンス)の取得と費用について

ヘリコプター,免許,取得

実は、私は知らなかったのであるが、ヘリコプターパイロットの免許って誰にでも取得可能であったって気付いていただろうか?
ドクターヘリとか自衛隊のヘリとか、また遊覧飛行を実践するヘリとか、相当のヘリコプターを観ては、早いな、良いな、と憧れを所有していた私だ。
人生のうち、たった1度だけヘリコプター遊覧に乗った事が有るが、恐ろしいと云うよりも気持ちが良かった、と云う記憶のほうが力強かったものだ。
ヘリコプター免許は、特別な条件、と云うものがない事を気付いて、途方もなく驚嘆したものだ。
ヘリコプターパイロットの免許は、健康な人であれば、誰でも取れるし、しかも車の免許と変わらないくらい誰にでも取れるものだと云うじゃないだろうか。
これはもう本当に驚嘆だ。


スポンサードリンク

ヘリコプター免許の費用と取得方法について

日本の事業用ヘリコプターの免許取得を照準を合わせるのであれば、通常は、@アメリカで自家用ライセンスを取得し、A日本にもどった後に国内の自家用免許に書換え・取得し、B其の後ようやく日本国内の事業用ヘリコプター免許取得となる。
このケースの場合の費用例であるが、

 

日本からアメリカへ足を運ぶ(上記@)

順調にいっても3から4ヶ月位かかって自家用ライセンスの取得に成る為、 費用は生活費込みで400万から500万レベルだ。

 

アメリカから日本へ帰国する(上記AB)

期間と費用は、人によりまちまちであるが、だいたい期間は1年から2年くらいかかり、このケースの場合の費用は最低でも400万円以上はかかる(生活費は入れず)。
但し、費用にかんしては、原油高騰の影響や円高・円安等でも変動するので、あくまで上記の費用金額は参照事項レベルに考慮して欲しい。

 

次に、ヘリコプター免許をとるための取得方法を1つご案内しておこう。
まずは、ヘリコプター免許のスクールに申込みをする。
其の後、筆記試験を受ける事に成るのだ。ヘリコプター免許のスクールのケースの場合は、渡米してヘリコプター免許(ライセンス)を取得すると云うものであるから、渡米前講座、と云う形での学習をして、テストを受ける、と云う事に成るようだ。
ただ、ヘリコプター免許のスクールから遠い、と云う人のケースの場合は、通信教育が出きるシステムもあるので途方もなくべんりだ。
テストに合格すると、カリフォルニア州サンタアナか、サンルイスオビスポと云う場所に出発する。
ここまで1人で足を運ぶのは懸念だと云う人には、スタッフが付いていってくれる、と云うので依頼すると良い。勿論、費用はかかるとおもう。
必要書類や指紋採取と云うものは、出発前の準備段階の時に、実践しておくのだ。
これは、ヘリコプター免許(ライセンス)のスクールでガッチリ教えてくれる為、安心だ。

ヘリコプター免許(ライセンス)取得の試験内容について

ヘリコプター,免許,取得

現地につくと、ヘリコプター免許(ライセンス)取得に必要な試験が待っている。ヘリコプター免許(ライセンス)取得の試験内容としてはまず筆記試験だ。
ヘリコプター免許(ライセンス)の訓練施設内で受ける事が出きるようだ。
試験はコンピューターで実践される。三社択一問題に為っていて、総数は約600問を超越する、と云うから、すごい出題数だ。
いや、全部に答える、と云うのではなくて、この中から60問が出題となるようだ。試験時間は2時間半で、合否はその場ででるそうだ。
筆記試験に合格すれば、ヘリコプター免許(ライセンス)取得に必要な以下のステップに進む。
飛行訓練開始だ。インストラクターと一緒に基本中の基本的な操縦をガッチリおぼえる。
これは1人で飛行する前の訓練に成ると同時に、飛行原理や航空力学、と云った専門知識を学習してゆくのだ。
筆記試験、飛行訓練を完結出きたあとのステップとしては、ソロフライトが待っている。
勿論ソロ、と云ってもインストラクターが同乗しての訓練だ。
同時にウエイト釣り合いや気象にかんしての学習も進めてゆくのだ。
これを完結出きると、実技飛行試験対策と云う、ヘリコプター免許(ライセンス)取得のための最後の訓練を実施する。
同時に実技口頭試験の対策を学習する。そして、実技試験となるのだ。
ここまでのヘリコプター免許(ライセンス)取得の試験内容、つまり学習、試験、フライト、全部に於いて、英語だ。
つまり、ヘリコプター免許(ライセンス)取得の為には、英語力がないと無理って事だ。
しかしながら、英語力さえきっちりカバーしておいて、費用さえあれば、誰でもヘリコプター免許(ライセンス)を取得出きるチャンスがある、と云う事でもある。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1







転職支援