<大阪ひらかたパーク>大阪ひらかたパークのフリーパスや入場料金

大阪ひらかたパークのフリーパスや入場料金について

ひらかたパーク,大阪

大阪のひらかたパークとは、京阪電気鉄道運営による遊園地で在り、通称を[ひらパー]ともいう。
私は、この[ひらパー]で遊ぶ時には、割引券チケットをうまく利用している。
この割引券チケットの手に入れ方だが、自身が詠んでいる新聞の営業所にチケットがあるかどうかを確認してみる事である。
ついでに、私が詠んでいるのは産経新聞である。
ひらかたパークへ足を運ぶ時には、産経新聞に云って絶対にこの割引券チケットをもらっておく。
この割引券チケットを所有して足を運ぶと、平日の入場料金は無料になり、土日祝日が200円に成る。
ひらかたパークの入場者数は毎年120万人レベルで、1位のユニバーサルスタジオジャパンにつづいて大阪府内では2番目の入場者数を誇っている。
ひらかたパークの営業時間は、10時から17時(3月2日まで)、月曜日と火曜日が休園日(祝日はこの限りじゃない)、入場料金はおとなが1300円でこども(3歳から小学生まで)が700円だ。
ひらかたパークの15時以降の入場料金のケースの場合、おとなが800円、こどもが400円に成る。
ひらかたパークの駐車場は、1300台分のスペースで、駐車料金が通常車1500円、マイクロバス2000円、バス3000円、自転車と単車は無料であるが、混雑や車の渋滞を考慮すると、電車等の公共機関をうまく利用を考慮した方が良いかも知れない。


スポンサードリンク

ひらかたパークのフリーパスとアトラクションカードの料金について

ひらかたパーク,大阪

ひらかたパークの1日乗り放題のフリーパスは、3000円(2歳から幼稚園および65歳以上は1500円)で在り、別途入場料金が必要とされている。
ひらかたパークののりもの券としては、アトラクションカードと云うものが販売されていて、このアトラクションカードの種類としては、1,000円(1,100円相当)、2,000円(2,300円相当)、3,000円(3,500円相当)、5,000円(6,000円相当)がある。
ひらかたパークの3月2日までの特別料金としては、おとな・小学生対象に3300円の入園とフリーパスがセット販売されていた。
また、ひらかたパークでは、一般団体および学校団体向けの団体割引制度も在り、これは25人以上、50人以上、100人以上、300人以上の団体割引に分類されている。
ひらかたパークへの電車での行き方は、京阪電車の枚方公園駅で降りる。
ひらかたパークにバスでの行き方は、京阪バスの枚方公園口で降りる。
ひらかたパークでは、ベビーカーの貸し出し、車椅子の貸し出し、おむつ替えの場所もあれば、授乳室だってあるのだ。
ひらかたパークのアトラクションとしては、[木製コースターエルフ][トロールパニックパチャンガ][キャノンボール][レーザーバトル魔界の森伝説][からくりやしき摩訶不思議堂][レジェンド オブ ルクソール][スーパートマホーク][ウェーブスインガー][ジャイアントドロップメテオ][ラウディ][幽霊座][オクトパスパニック][ウィザードのまじかるジャンピン][サイクルモノレール][わんぱくフィールド][キッズスクエア][パターゴルフ]等、多数実在している。


大阪ひらかたパークで評判の施設→バラ園、プール、アイススケートについて

大阪ひらかたパークで評判の施設は、バラ園、プール、アイススケートだ。
大阪ひらかたパークのバラ園では、ひらかたパークで誕生したオリジナルのバラをはじめ、約600種類ものバラがあたり一面に拡大していて、一見の価値ありである。
大阪ひらかたパークには、冬限定(は3月2日まで)の屋外スケートリンク[アイス・スクエア]がある。
また、雪の広場として[スノーランド]もある。うまく利用するには、別途料金が必要に成る。
ひらかたパークには、室内ふれあい動物園として[どうぶつハグハグたうん]が実在している。
このひらかたパークの室内ふれあい動物園には、イヌ、ネコ、ペンギン、フクロウ、リクガメ等が息づいており、入場料金も必要だ。
またひらかたパークは、歴史が途中で途絶えていない遊園地の中では日本最古の遊園地で在り、1996年に大規模改装が行なわれ、リニューアルオープンされたばっかりだ。
これ以外、ひらかたパークでは、アニメキャラクターの関連イベントも開催されていて、これには[アンパンマン][ポケモン]や[グラン・ローズ]等がある。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%A4%A7%E9%98%AA&tbm=blg&output=rss&num=50






転職支援