お絵かきロジックのイラストやお絵かきロジックのオンラインゲーム

お絵かきロジックにかんして

お絵かきロジック

お絵かきロジックとは、縦と横の数字をヒントにしてマス目を塗りつぶしていくゲームの事だ。
このお絵かきロジックをつづけていると、最終的には塗りつぶしたマス目に拠って絵や文字が浮かび上がる仕組みになっており、もしこれが絵にならなかったケースの場合は間ちがえていると云う事だ。
近頃では、お絵かきロジックを無料でダウンロードしたり、無料ゲームやオンラインゲームでエンジョイする人が増大している。
お絵かきロジックの別名は、[ののぐらむ]、[イラストロジック]、[ピクロス]等とも呼称されている。
まず、お絵かきロジックの別名である[ののぐらむ]と云うのは、石田伸子(いしだのん)氏が発案した為、1987年にビルの窓をうまく利用して絵を描く(あたかもドット絵のように)と云う企画で入選した後に、ビルの窓を紙上の格子の上のように考え、そこに絵を画くパズルを作成した事がその起源だ。
次に、お絵かきロジックの別名[イラストロジック]は、日本の本当に超有名なパズル作家の1人で、2006年に開催された世界数独選手権で4位に入賞した西尾徹也氏が、ロジックパズルのマトリクスを応用して絵を描くパズルをつくり出したものがその起源だ。
本来のロジックパズルは、○か×かで埋めていくわけだが、それを白か黒かにする事で絵を浮かび上がらせると云うわけだ。


スポンサードリンク

西尾徹也氏の[イラストロジック]、石田伸子氏の[ののぐらむ]の歴史

お絵かきロジック

お絵かきロジックの別名として案内した[イラストロジック]と[ののぐらむ]は、生み出した人や生い立ちこそちがうが、偶然にも同じ形式のパズルだったのだ。
西尾徹也氏は以前から問題を提供していたパズラーと云う雑誌で、石田伸子氏はこれも以前から連載していた社会情報誌でパズル問題を発表した。
偶然なのか、それとも必然なのか、両誌の発行日は1988年7月2日で同日だったと云う。
その為、一時期はどっちが先に発案したのか、もしくは盗作だ等の論争が勃発したのだが、結局は偶然にも同時期に発案されたものだとして納まった。
西尾徹也氏は前述したパズラーでこのパズルを発表した時に、同時にパズルを詠者からも募集し日本全国のパズル愛好家達から途方もなく高い評判を獲得したのだ。
他方、石田伸子氏は[ののぐらむ]としてイギリスのダルゲッティ氏によりサンデーテレグラフと云う雑誌で連載される事になった。
その為、石田伸子氏は[ののぐらむ]は、日本でも毎日新聞等で連載されていたが、イギリスでの評判が殊更に高かったと云う。


お絵かきロジックの問題や解き方を知りたくて世界文化社の雑誌を印刷

最後に、お絵かきロジックの別名である[ピクロス]は、任天堂がテレビゲーム化したお絵かきロジックの事だ。
ついでに、[ピクロス]とは、ピクチャー・クロスワードの略だ。
既存の任天堂の評判キャラクターであるスーパーマリオ等とミックスしたお絵かきロジックである[マリオのピクロス]等のシリーズが現状でも発売されつづけている。
お絵かきロジックは、それまでは大人のゲームで在り、子供がやると云う事は殆どなかったのだが、[ピクロス]の登場により低年齢層にもお絵かきロジックが受け入れらるようになったのだ。
近頃では、インターネットで自作のお絵かきロジックの問題を公開してるホームページはおおくある為、無料で遊ぶ事も出きるようになった。
また、自身で作成したお絵かきロジックを公開して、誰かに解いてもらうと云うのも面白いだろう。
私のケースの場合、お絵かきロジックの問題や解き方を知りたくて世界文化社の雑誌を印刷してみたものだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






転職支援