2台のパソコンをつなげる設定 2台のパソコンをネットワークで接続しファイル共有する

2台のパソコンをつなげる方法 共有と接続について

2台のパソコン

2台のパソコンをネットワーク上で接続するケースの場合とは、多種多様な理由で実践される。
まず1つ目は、ファイルや周辺機器を2台のパソコンで、共有する時だ。
2台のパソコンを接続して、ファイルを共有するメリットは、1つの仕事を2人で実践する時等に途方もなく適切で、共有ファイルの保存してある1台のパソコンに他のパソコンからネットワークを通じてアクセスし、その共有ファイルにもう1台のパソコンからもアクセスして、仕事を実践する事が出きる。
また、1台のパソコンに接続されているプリンタ等を、もう1台のパソコンでもうまく利用する事が出きる。
この時、2台のパソコンの接続方法は、クロスケーブルを用いたLANの接続になり、ネットワークの設定をする必要が有る。


スポンサードリンク

2台のパソコンを接続するケース

2台のパソコン

他に、2台のパソコン同士を接続するようなケースとしては、データを他のパソコンにシフトするようなケースの場合に2台のパソコン同士を接続をする。
これは、現状使用していたパソコンを新しいパソコンに買い換えた時等に実施する。
いままで使用していたパソコンのデータを新しいパソコンにシフトしたいと云った時、普通では、古いパソコンのデータをフロッピーディスクに代表されるメディア等にデータを保存し、新しいパソコンにシフトすると云った仕事を実施する。
しかしこの方法だと、データ量がたくさんあると、データのシフトに時間がかり過ぎて、新しいパソコンで、以前と同じ仕事を実践するまでに、相当の時間がかかってしまうケースの場合も有る。
急いで新しいパソコンを遣わなくてはならないケースの場合等には、たいへん不便だ。


2台のパソコンをつなげる事を支援するツール(ソフトウエア)

2台のパソコンを接続して、データをそのまま新しいパソコンへシフトする時には、ファイルや周辺機器等を共有する時と同じように、クロスケーブルを用いたLANでの接続となる。
しかしながら、この方法で2台のパソコンを接続すると、ファイルや周辺機器等を共有する方法とおなじ様にネットワークの設定をすると云う必要が有る。
また、ネットワークの設定等が不得意な人の為に、データ引越し等をシンプルに実践して、2台のパソコンをつなげる事を支援するツール(ソフトウエア)も販売されている。
これは、2台のパソコンのうち、古いパソコンの方にツール(ソフトウエア)をインストールして、新しいパソコンと古いパソコンの接続をシンプルなUSB方式で接続して、古いパソコンの設定や、ファイル等を新しいパソコンに移行すると云ったものだ。
このような2台のパソコンをつなげる事を支援するツール(ソフトウエア)をうまく利用したケースの場合、細かい設定も不必要で、データの移行もツールが行ってくれる為、誰でもシンプルに、新しく買い換えたパソコンで、すぐに仕事が可能に成ると云う、実に優秀でべんりな方法だ。
しかしながら、このツールは、無料ではなく有料な為、新しく買い付けたパソコン以外に相当の支出となる。
これ以外にも、2台のパソコンを同時にインターネットに接続させる方法等も有るが、こうった2台のパソコンの接続使い道や、接続の方法を講釈した書籍が、コンピュータ誌等から、おおく販売されている。
これらの書籍の価格は、殆どのものが1,000円レベルだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3&tbm=blg&output=rss&num=50






転職支援