<HDD修理>HDDの故障と復活・改善するための修理の方法

HDDの故障と復活・改善するための修理の方法について

HDD,修理

HDDを修理する事は、ハードエラーの時は、専門の業者に頼むしかないが、パソコンを立ち上げた時に、ウンともスンとも認識しないで立ち上がらない時、普通はHDDの故障と考慮するが、修理を考慮する前に、故障ヶ所を切り分けする事が大事だ。
故障ヶ所の切り分けとは、パソコンが起動しない原因が何であるかを特定する仕事だ。
HDDが認識しない等故障が怪しまれるケースの場合、自己診断してフォーマット(初期化)する事が修理の第1歩だ。
これでHDDが復活・復旧しなければ、以下の修理の方法を選択する事に成る。
例を挙げると、パソコンを2台お持ちで無ければ出きない事であるが、とりあえず立ち上がらないパソコンからHDDを外して、他のパソコンのセカンダリーディスクとして接続し、動作確認を実践して、中身が詠み込み出きるかどうか確認する。
ここでHDDの内容が詠めれば、HDDの修理をする前に、データの抽出を実践して、とりあえず中のデータを確保する。
仮に一時的に詠めたとしても、HDDのハードエラーがある時は、そのHDD為、HDDの内容がエクスプローラー等で認識出きた時点で、早急にHDDの必須なデータのバックアップを取っておく事をお勧めする。


スポンサードリンク

それ以外のHDDを復元・改善するための修理の方法について

HDD,修理

これ以外のHDDを復元・改善するための修理の方法だが、Windowsであれば、OSのユーティティである点検ディスクやHDDのベスト化を試みてみる事だ。
このHDDの修理仕事を実践した時点で、エラーメッセージがおおく表示されるようでは、HDDのハードエラーが考えれるから、それ以上はそのHDDを修理を考えず取り外してしまうか、初期化(フォーマット)して同じように点検ディスクやHDDのベスト化を試みて問題が無ければ、セカンダリーのHDDとして使用する事も出きるが、あまりお勧めする事は不可能だ。
なぜなら、一旦不調が出たHDDの故障は、絶対に再発の可能性が有るから、大事なデータ保存用に使用するのはやめるべきだ。
取り出したデータは、別のHDDに引越しして、内容確認の上で問題がなければ、まず初めは一安心と云う事に成るが、そうでない時は、HDDの修理と云うよりもデータ復旧ソフトをうまく利用してデータ復活・復旧を試みるか、専門の業者にHDDのデータ復活・復旧を依頼するかしかないが、専門の業者に依頼するほうが確実だ。
但し、このケースの場合費用は高くつくが、途方もなく大事なデータであれば仕方が無い。
原則的にはHDDの寿命はせいぜい4年から5年くらいが限度と考慮して、継続的な入れ替えを考慮するほうが安全だ。
途方もなく大事なデータを扱うのであれば、データのバックアップはこまめに行い、CDやDVDに保存する事が望ましいと云える。
たとえ、HDDの修理が出きたとしても、データが完璧に復活・復旧するとは限らないから、何よりもCDやDVD等のメディアや外付けHDDのような外部デバイスに途方もなく大事なデータのバックアップをしておく事が、HDDの修理や交換を考慮するよりも安全と云える。
なお、HDDの修理にかんしての注意事項であるが、HDDはふたを解放して修理するような事は絶対に不可能である為、自身で闇雲にふたを解放したりしない事。
HDDの中身は、チリやホコリ、静電気に弱い為、ふたを解放したりするとその時点でデータの復活・復旧さえもできなくなる可能性がある為、くれぐれも注意する事だ。

 

 

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1







転職支援