ロゴ画像とブランド ブランドロゴ画像の使用目的など

ブランドのロゴ画像にかんして

ロゴ画像,ブランド

ブランドのロゴ画像って、日常生活の中でよく見掛けるけど、ハッキリ思い出せないものもあるし、心に印象深く残ってるものもあったりと・・・・・・。
ブランドのロゴ画像で評判が良いのは、アナスイ、シャネル、ナイキ、エルメスだ。
他に、近頃注目を集めているブランドのロゴ画像としては、アディダス、ルイヴィトン、gucci、アップルと為っている。
今回は、そのようなブランドのロゴ画像にかんして調べた結果を記述したいとおもう。
ロゴ画像は、別名[ロゴタイプ(logotype)]とも呼ばれ、文字列等を装飾化・図案化したものを云う。
製品名や商号、団体名や雑誌・書名等に使用されている事もよく在り、ロゴとも云う。
ロゴ画像の別名[ロゴタイプ(logotype)]のロゴとは、ギリシア語のロゴデュポスが語源で、言葉と云う意味なのだそうだ。
そしてタイプは活字を意味し、本来は1つの単語である為、連字活字と云う意味に成るようだ。


スポンサードリンク

ロゴ画像とロゴタイプ、ロゴマークについて

ロゴ画像,ブランド

本来文字とは云えないグラフィカルな記号やアイコン等をロゴ画像と呼称する事は不可能だったが、企業名等に於いてはロゴタイプに記号が従属する事が多かった為、こういった記号やアイコンも纏めてロゴタイプと称される事もおおく為ってきている。
よって、[ロゴ=記号][ロゴタイプ=文字]と云った考え方も浸透しつつ有るが、ロゴもロゴタイプも前述のとおり本来は同じものを意味する。
また、ロゴ画像と類似した用語でロゴマークと云う記号を意味する言葉が有るが、和製英語であるため海外等では使用されていない。
ロゴ画像は、しばしば看板・封筒・レポート用紙・名刺・領収書等の伝票類・製品パッケージ・雑誌の表紙背表紙・書籍の表紙背表紙と云ったものに社名や製品名を印刷する事によりうまく利用されている。


ブランドのロゴ画像の使用目的について

そもそも、なぜロゴ画像が使用されるようになったのかと云うと、一般の文字や活字、書体等とはちがう特別なものを使用する事により、ブランドや製品の差別化を照準を合わせた事に由来する。
ブランド等が実践するロゴ画像の使用目的としては、そのブランドの経営理念や衝撃付けの為に露出させると云った手法が適切のようだ。
企業の代表的なところでは、googleのロゴ画像等が本当に超有名だろう。
普通のタイプとしては、Gが青、oとeが赤、2つ目のoが黄、lが緑と云った具合に、おぼえやすいけれどシンプルなロゴが使用される事が少なくないが、[クリスマス]や[バレンタインデー]と云った本当に超有名なイベントから[地球の日][レオナルド・ダ・ヴィンチの誕生日]と云った、ちょっと首をかしげたくなるような記念日まで、ユニークなデザインのロゴが使用されていたりする。
しかしながら、基本中の基本として[google]と云う社名が詠めなくなるような画像は使用しないと云う、実にロゴ画像のうまい利用法としては上手な手法だと云えるだろう。
googleの美しいロゴ画像等は、googleのホームページ内や有志のホームページ等に保管されている為、もしお暇な時があるならば、是が非でも探し求めてみて欲しいものだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






転職支援