<ロゴサンプル>ロゴサンプルと企業やブランドのイメージ

ロゴサンプルと企業やブランドのイメージとの関係について

ロゴ,サンプル

ロゴサンプルを作成するのは、シンプルそうで難しく、難しそうでシンプルと云う、いわゆるセンスがモノを云う世界だ。
カンパニーアイデンティティと云うのは、一般消費者やユーザーに会社の企業イメージを植え付ける為に会社等の企業がもつ特徴点や理想を集約して、シンプルに表現するものであるが、ロゴサンプルはその1つの表現方法として、相当以前からニーズが有る。
ナイキの[スウッシュ(Swoosh)]と云うトレードマークとロゴは、女子大生に頼んで作成してもらったと云う話は本当に超有名な話であるが、会社等の企業やブランドを他社と分類するためのシンボルとなるトレードマークとして、ロゴマークを作成するわけな為、何も本当に超有名なデザイナーに頼んだからと云って、会社等の企業の知名度が上がる効果が待望出きるとは全般的に云えないと云う事だ。


スポンサードリンク

ロゴサンプルでブランドのイメージを作成する方法

ロゴ,サンプル

ロゴサンプルは、インターネットの個人や会社等の企業のホームページで公開されていたり販売されている。
更にこれを提案してカンパニーアイデンティティを支援する公告代理店のインターネットホームページもたくさん有る。
ロゴサンプル自体は、コンピューターッグラフィックのソフトを使用すれば、それなりのものは、誰でも作成出きると云えるが、消費者に衝撃をあたえるロゴサンプルの為には、技術的な問題よりもアイデアやセンスの問題になってくるのだ。
近頃のロゴサンプルのホームページが増大しているのは、インターネットのホームページにかんした問題だけでなく、全てのメディアに関連するのがロゴであるからだ。
ロゴサンプルは、製品や印刷物、テレビ等でもその宣伝効果は単に売上をのばすためのものに止まらず、会社等の企業のイメージやスタンスを示す為、言わばブランドそのものと云える。


ロゴサンプルと会社等の企業のカンパニーアイデンティティについて

イタリアやフランスのブランドが、自社のロゴを製品のデザインとして使用しているのは、ロゴが単なるトレードマークとして使用されているのではなく、ブランドそのものを表し、そのステータスそのものである事に他ならない。
こうした会社等の企業のカンパニーアイデンティティを示す上で、ロゴサンプルは大きな意味を所有しているわけであるが、現状を考慮する限り多種多様な所で提案されているロゴサンプルは、古臭いセンスのものがおおく、簡潔に企業イメージ=ブランドイメージと云った効果を照準を合わせたものより、講釈的なロゴサンプルがおおく、この事は日本におけるロゴに対する認識の遅れがうかがえる。
ロゴ自体は途方もなくローテックな広告手法と云えるが、やっぱりメディアを問わず、一杯マーケットで、その効果が待望出きるものだ。
その意味では、企業イメージの大事さは、伝統と格式あるヨーロッパで、ブランドと云うイメージに拠って企業販売活動に大いに貢献してきたと云えるが、日本企業も自社のブランドの価値に気付いても良い時代じゃないだろうか。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






転職支援