頭痛とめまいの関係 頭痛とめまいの原因と症状

頭痛とめまいの原因と症状について

頭痛,めまい

頭痛とめまいとは、相当密接な関係にある時も有る。
頭痛とめまいと一言でいっても、現実は多種多様な症状や原因が有る。
まず、めまいの症状を考慮してみると、回転性のめまい、浮動性のめまい、そしていわゆる立ちくらみ等が有る。
回転性めまいと云うのは、グルグル回っているような錯覚が表れる。
自身がぐるぐると回っていたり、まわりの景色が回ってみえたりと云う症状等のちがいは有るが、いずれにしても回転しているように実感するのだ。
浮動性めまいと云うのは、体全体がフワフワとした感覚で宙に浮いているように実感したり、もしくはグラグラと体が揺れるように実感してまっすぐに体を直立させる事が出きない状態のものだ。
頭痛とめまいがおそってくるのも、殆どはこの浮動性めまいの時だ。
更に立ちくらみは、立ち上がる時に目の前が真っ暗になったり意識が遠のいたりするのだ。これは貧血の症状と似ている。


スポンサードリンク

頭痛とめまいの原因について

頭痛,めまい

さて、それでは頭痛とめまいの生じる原因にかんして考慮してみたい。
めまいは殊更に耳の病気が原因の時と、脳の病気が原因の時の2種類に分類出きる。
耳には三半規管と称される、体の平衡感覚をつかさどる器官が在り、耳が病気に成る事により平衡感覚に異常がでてめまいが生じる事が有る。
これが耳の病気に起因するものだ。
めまいの病気としては、本当に超有名なメニエール病と云うのも耳の病気であるし、我々にとって馴染みのある病気としては中耳炎等でもめまいが生じる時が有る。
また、脳が原因となるめまいも有る。頭痛とめまいは殊更に脳が病んで生じる症状だ。
脳梗塞、脳内出血、脳腫瘍等、現実は脳が原因で生じるめまいと云うのは、背後に命の危険性がある重大な病気が潜んでいる事が少なくないものだ。
頭痛とめまいが同時におそうような症状が表れた時、早目にドクターにかかる事をお勧めする。


頭痛とめまいで病院と外来をうまく利用する時の注意点

なお、頭痛めまいで病院をうまく利用する時の注意点として、頭痛外来と云う専門外来や、頭痛専門医のいる病院をお勧めする。
頭痛専門医とは日本頭痛学会が認定している資格で、日本頭痛学会に3年以上在籍しており、頭痛関連学会認定医・専門医・指導医等の資格を有する事が必須条件である等、相当厳格なルールの下に認定されるものであるようだ。
頭痛と云うのは本当に原因が多種多様に実在し、単なるストレスという心理的負荷や悩みや苦しみ等によるものもある他方で、脳に異常のある緊急性のある頭痛まで多種多様だ。
もし、貴方が頭痛に悩み苦しんでいるならば、本当に自身で承知出きるドクターに診察してもらう事が途方もなく大事だ。

頭痛に効くツボ、こめかみ、更に熱中症による頭痛とめまい、吐き気

頭痛に効くツボとしては、天柱(てんちゅう)、風池(ふうち)、百会(ひゃくえ)がある。
天柱とは、後頭部の髪の毛の生え際で、首にある2本の太い筋肉の外部左右両方にあるツボだ。
風池とは、耳の後ろの突起した部分と天柱の中間にある左右両側のくぼみだ。
百会とは、頭頂部の真ん中より、やや後ろ側にあるくぼんだ部分で在り、頭痛全般に適切なツボだ。
次に、頭痛とめまいでこめかみが痛くなるケースの場合、いわゆる偏頭痛と云われる為、何らかの原因で血管が拡張し、炎症を起こして痛くなると云われている。
夏に成ると、熱中症による頭痛とめまい、吐き気も深刻だ。
熱中症による頭痛とめまい、吐き気のケースの場合、汗をかいた分の水分を補給しなければならず、日陰等で体を休める必要がある。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






転職支援