紫外線の対策方法 紫外線対策と予防、病気の情報

紫外線対策と紫外線による病気にかんして

紫外線,対策

紫外線の対策方法には帽子、吸収剤、カットフィルム、チェッカー、紫外線測定装置等の対策グッズがある。
このような紫外線を予防するグッズもあれば、紫外線を生かした殺菌装置、紫外線殺菌灯、LEDライト、紫外線ランプ、ビューティー紫外線、紫外線硬化樹脂等もあるから面白い。
他に例をあげると、紫外線ライト製作等もネット上でよく検索されている。
このような予防もしくは抑止するグッズにかんした話や病気やアレルギーとの関係等にかんしても案内する。
他に、紫外線の量や種類、紫外線と日焼けの関係にかんしても案内する。


スポンサードリンク

紫外線(UV)対策グッズにかんして

紫外線,対策

5月のゴールデンウィークを前にする頃からなのだろうか、デパートでは紫外線(UV)対策グッズが多種多様店頭にならびスタートする。
対策グッズ専用のコーナーができスタートするのもこの頃からだ。
しかしながら、本当はもっとずっと前から準備が必要だ。
紫外線(UV)の対策グッズと云うと、まず初めは日焼け止め(サンスクリーン)が思い浮かぶ人も少なくないだろう。
紫外線(UV)の対策グッズには、化粧の下地代わりに成る乳液タイプのものが途方もなくおおく、それにファンデーションにも紫外線(UV)対策の機能があるグッズが発売されている。
これ以外にも紫外線(UV)対策グッズコーナーには、日傘、長袖のシャツ、ひさしの大きな帽子、更には室内にいても紫外線(UV)をカットするための方法としてすだれや日焼けシェード等の紫外線対策グッズ等がある。
結局、どれか1つの紫外線(UV)の対策グッズじゃなく、総合的に紫外線(UV)をカットして全体としての量を消耗させるものと云うしかない。
日傘や長袖のシャツ等の対策グッズは、出きる限り黒い色のものをお勧めしたい。
また、近頃では紫外線(UV)を吸収する特殊な加工をほどこた布地を用いたシャツや帽子、日傘等の対策グッズが販売されている。


紫外線と日焼けシェード、紫外線カットフィルムにかんして

オーストラリア等の紫外線(UV)対策の[先進国]では、皮膚がんが全部のがんの半数近くを占め、国をあげて紫外線(UV)防御対策に乗り出しているそうだ。
オーストリアは、何種類かの方法が挙げられ、日本ではそのおおくが個人の責任で実践する。
例を挙げると、日焼け止め(サンスクリーン)クリームや、紫外線(UV)対策用の帽子、長袖のブラウス、日傘、紫外線カットフィルム等をうまく利用するのだ。
でも、失念していけない事は、紫外線(UV)は何も戸外のみじゃないと云う事だ。
家の中にいるからと云って、紫外線(UV)の刃はおそってこないと考慮しているとしたら、それは大きな誤りだ。
日差しがポカポカする中、ちっぽけな赤ちゃんを窓辺であやしていると、赤ちゃんのやわらかな肌は、紫外線(UV)の影響を直撃してしまう。
そこでつよい日差しを窓際からシャットアウトするのが、日焼けシェードや紫外線カットフィルムだ。
現状市販されている日焼けシェードの中には、途方もなく細かい繊維で製造された不織布を素材にした事で紫外線(UV)をガッチリとカットし、かつ明るさや涼しい風は上手く通してくれると云う、優れた日焼けシェードが市販されている。

紫外線(UV)の予防と抑止方法にかんして

紫外線(UV)を抑止する方法の3本柱は、1.日焼け止めクリーム、2.日傘、長袖の服、3.帽子、サングラスと云う事を失念しないで欲しい。

 

1.日焼け止めクリームにかんして

肌が外に露出している部分に全部に塗布するつもりで、適量をムラなく塗りのばそう。
紫外線(UV)の抑止方法として肝心な事は、1度塗布してそれで最後と云うのではなく、数時間ごと(2から3時間)に塗り直しと云う事だ。
紫外線(UV)の抑止方法としては朝と昼で、1日に最低でも2回は、塗り直すとより高い効果が得られる。

 

2.日傘、長袖の服にかんして

夏の暑い時に黒服を着用すると、日光を吸収してしまうのじゃないだろうか?とおもうだろう。
しかしながら、夏だからこそ、黒がお勧めだ。
実を云うと、白っぽい服だと紫外線を通しやすいのだ。
ゆえに、紫外線(UV)の抑止方法として夏でも出きる限り黒っぽい色の服を身に付ける事が紫外線(UV)対策としては途方もなく適切だ。
紫外線(UV)の抑止方法としては、日傘も大幅にてガッチリと体をかくしてくれるもので黒が良いだろう。
近頃では、衣類や繊維にも紫外線(UV)抑止加工がされているものもある。
そうしたものを着用する事も適切な紫外線(UV)抑止対策方法に成るのだ。

 

3.帽子、サングラスにかんして

紫外線(UV)の抑止方法として、帽子やサングラスは、普段着用し慣れない人にとってはそれとなく着けづらく、気恥ずかしく実感する事もあるとおもう。
だが、抑止方法として帽子をかぶると約20%、サングラスで約90%の紫外線(UV)をカットする事が出きる。
視力矯正のためのメガネの中でも、UVカット機能がついているものがあるくらいのものだ。
紫外線(UV)の抑止方法として皮膚のみでなく、目を紫外線(UV)から守る事も途方もなく肝心だ。
目にも紫外線(UV)の刃は決して良い影響をあたえないからだ。

紫外線と日焼けの予防方法にかんして

長時間紫外線(UV)に当たれば、ほぼ誰でも[日焼け]の具合となる。そこで紫外線と日焼けの予防方法にかんして考慮してみたい。
普通、日光照射を浴びてから4から8時間後に皮膚が赤くなってきて、約24時間でピークに達する。
これは肌が灼熱感を結びついて、ヒリヒリと赤くなる具合(サンバーン)だ。
この紅斑(サンバーン)は、2日から3日すると次第に薄くなっていくのだ。
なかにはこのまま赤くなるのみで、あとは別に症状もなく黒くならずに完了する人もいるが、日本人の相当の人は、赤みが引いてこんどこそは、肌が黒っぽくなってくるのだ。
これはメラニン色素が増大したためだ。
こういった具合にして1週間もすると、傷ついた皮膚が膜のように剥けてくるのだ。
そしてこのあと、褐色の色素沈着(サンタン)が残る。
そのうちこの色素沈着もしだいに消失していき、個人差はあるが、1ヶ月レベルで相当薄く為っているだろう。
この事は、短期間で多量の日光照射を浴びた時の日焼け直後からの症状だ。
他方、たとえ多量じゃないにしても慢性的に日光照射を浴びていてもやっぱりお肌は打撃を受ける。
長い期間にわたっての日光照射は皮膚の老化を早目、シミ、シワの原因にもなる。
また、短期間で多量の紫外線(UV)を浴びたり、長い期間にわたって紫外線(UV)を浴びる事を継続していると、後に星型のシミが出きる事がある。
これを[光線性花弁色素斑(こうせんせいかべんしきそはん)]と呼称する。
紫外線と日焼けの予防方法として、海水浴等多量に急速に浴びる時の紫外線(UV)対策も途方もなく肝心だ。
しかしながら、紫外線(UV)対策としてこれのみでは不充分だ。

つまり、紫外線と日焼けの予防方法として、平気とおもっている春先からの紫外線(UV)対策をはじめ、これくらいは平気だろうとおもってしまう少しばっかりの外出、庭の草むしり、洗濯物干し等、日頃の紫外線(UV)対策を徹底する事だ。

紫外線(UV)の量にかんして

ボンヤリと[紫外線(UV)の量は夏に少なくないだろう]と考慮している人も少なくないのじゃないだろうか?
だから、対策も夏になってからでいいや。そうおもってないだろうか?
しかしながら、これでは紫外線(UV)対策としては遅すぎるのだ!
紫外線(UV)の量は、桜の花が咲きスタートする3月ごろから増加しスタートする。
そして紫外線の量がピークに達するのは、6月から7月頃だ。
6から7月頃だと1年の中で1番気温が高い時期で在り、ゆえに日焼けを気にする人が少なくないとおもう。
しかしながら、殊更に8月は、むしろ紫外線(UV)の量としては下降気味であるためだ。
ゆえに、春先から紫外線(UV)対策を実践する事が途方もなく途方もなく大事になってくるのだ。
また気温は低いが、秋から冬にかけても、紫外線(UV)の量はなくなるわけじゃない。
疑う余地もなく夏のピーク(6月)と比較すると、12月から1月は紫外線の量が6分の1ほどに消耗気味だ。
だからと云って落ち着いて、紫外線(UV)を浴びている時間がおおくなったら浴びる量は結局、同じになるだろう。
紫外線(UV)対策を考慮する時には、年間を通じた紫外線の総量を考え、たとえ冬であっても紫外線対策を講じる必要がある。

紫外線の生じさせる病気にかんして・・・光線過敏症

誰でも、長い時間日光にさらされると、皮膚が赤くなり[紅斑(こうはん)]]が出きるはずだ。
明白に過剰な紫外線(UV)を浴びた直後には、これが紫外線(UV)による[日焼け]だと把握出きる。
しかし中には、他の人ならなんともならないようなわずかな日光照射で、肌が赤くなる(紅斑)人がいる。
このような人は[光線過敏症]の疑惑がある為、精密検査を受ける必要がある。
光線過敏症の原因は多種多様あるが、症状は日光に当たるところにのみでるのが特徴点だ。
光線過敏症の中には、紫外線(UV)で傷つけられた細胞のDNAを改善出きない先天的な異常で生じる[色素性乾皮症]と云うレアな病気もある。
更に原因が不明の光線過敏症として[多形日光疹][日光蕁麻疹]等もある。
光線過敏症の治療方法として原因が除去出きるような時は、原因の薬や化粧品を中止するのみで治る事もある。
これは光線過敏型薬疹や光線過敏型皮膚炎等の時だ。
急性期の時の紅斑に対しては副腎皮質ホルモン軟膏を塗布すると良い。光線過敏症の原因が不明の時には、とにかく紫外線(UV)対策で紫外線を防ぐしかない。
日焼け止め(サンスクリーン)を使用して徹底的に紫外線(UV)をカットするのが手っ取り早い。
但し、光線過敏症の時、ごくわずかな量の紫外線(UV)で炎症が悪化したり、症状を誘発したりもある為、この対策としては、低刺激でUV-A、UV-Bをカットする効果のある日焼け止め(サンスクリーン)が必要だ。
また、直射日光をやめる為に、つばの広い帽子や長袖のシャツを身に付けるのも効果がある。

紫外線の生じさせる病気にかんして・・・皮膚がん

紫外線(UV)が生じさせる病気の1つと為っているのが、皮膚がんだ。
皮膚がんは、40代歳からちょっとずつ増加しはじめ、80歳代ごろまで生起が継続する。
皮膚がんには、主として顔や露出している部分に生じる[有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)]と、[基底細胞癌(きていさいぼうがん)]等がある。
これらの皮膚がんの原因としては、紫外線(UV)、放射線、コールタール等があげられる。
また、傷や火傷のあと(瘢痕(はんこん))や、子供の若者の色素性乾皮症、およびイボやホクロから皮膚がんを生じる事もあると把握できている。
皮膚のタイプに拠っても皮膚がんになりやすいものがある。
例を挙げると、白人の皮膚は、紫外線(UV)に弱いタイプと云われる。
オーストラリアでは、国民の癌の半分が皮膚がんと云われる。
その為国家をあげて紫外線(UV)対策が叫ばれている。
胃がんや大腸がん、子宮がんががんの上位を占めているが、近頃は日本でも皮膚がんが急増していると云う。
日本ではかつてあまりみられなかった老人性皮膚角化症は、紫外線(UV)が原因によるがんで、日本で増加しつつある。
有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼううがん)の時は、リンパ節転移がなければ5年生存率は約95パーセントだ。
しかし転移がある時は、70パーセントに下がってしまう。
また、基底細胞癌(きていさいぼうがん)の時は、転移が殆ど見られず、死に至る事は殆どないと云われている。

紫外線と病気とアレルギーにかんして・・・アトピー性皮膚炎

アレルギー体質の人でアトピー性皮膚炎の方の中には、日光に当たって日焼けをすると、アトピー性皮膚炎の症状がかえって良くなると云う人がいる。
昔から、紫外線(UV)には皮膚炎を制御する機能がある事が認識されてきた。
[紫外線(UV)照射療法]として外用療法と併せて使用される治療法の1つだ。
アレルギー体質の人でアトピー性皮膚炎の患者が、日焼けをして症状が良くなったと云うのも、日焼けに拠って炎症が抑えられ、皮膚の防御機能を高める効果によるものだ。
しかしながら、これは絶対的に全部の人に当てはまる機能とは限らない。
アレルギー体質の人でアトピー性皮膚炎を生じている人は、それでなくても肌が敏感な具合に為っている。
皮膚炎を生じやすい具合と云う事から、わずかな刺激でも炎症が悪化したり、炎症を誘引する事になりがちだ。
紫外線(UV)が刺激となる事も、また日焼け止め(サンスクリーン)が刺激となったりする事も充分に考慮されるのだ。
日焼けがその個人にとってどのような影響をもたらすかは、個々の患者各々に拠ってちがうし、そのときの体調等にも大幅に左右されるだろう。
アトピー性皮膚炎にもかかわらず、紫外線を浴びる時には、専門の皮膚科ドクターに良く対話して、経験等に基づいて冷静に実践するべきだ。
また、アレルギー体質の人でアトピー性皮膚炎の人が日焼けをするにしても、急速に、多量に紫外線(UV)を浴びるのは良くない。
ちょっとずつ焼いていく・・・・・・と云うよりも、日焼け止め(サンスクリーン)を弱いものにし、焼かないようにする効果を弱めていく、と云ったほうが良いくらいかも知れない。

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






転職支援