生理前の眠気の原因、生理前の眠気改善法

生理前の眠気の原因と妊娠

生理前,眠気

そもそも生理前に眠気がおそってくる原因は、病気などではなく、生理前症候群[PMS]の症状の1つである。
排卵後の黄体ホルモンの関係で眠気がくるそうである。他にも生理前の症状として、吐き気、食欲、腹痛、下痢、便秘、腰痛、にきび、胸の張り、微熱、むくみ、イライラ、頭痛、めまい、等が現れる時が有る。
これらも生理前症候群の症状[PMS]だそうである。生理前にホルモンバランスが崩壊する事で生じる症状である。
またさっきも記述したが、生理前には排卵後の黄体ホルモンバランスが崩れ基礎体温が高温期に入る。
そして、夜の睡眠時間ではあまり熟睡できずに日中に眠気やだるさがくる。仕事をしている最中の時、眠気をガマンしなければいけないのでストレスという心理的負荷の原因になり余計イライラしかねない。
出来れば、昼間の眠気は回避したいところである。眠気を改善する対策を毎月試してみて、改善法にも個人差がある為、自分に合った防止策を勘案してみる事も肝心である。
排卵後は、妊娠を成就させてその状態をキープさせるプロゲステロンが増大していて、この物質は睡眠を誘う機能があるため、この時期に当たる生理前の一週間は強烈な眠気に襲われる。
更に、妊娠後の3ヶ月間は、プロゲステロンが大量に分泌される為に、日中からつよい眠気におそわれる事になる。
つまり、生理前の眠気と妊娠中の眠気の原因は、プロゲステロンなのである。


スポンサードリンク

生理前の眠気とストレスという心理的負荷

生理前,眠気

生理前の眠気はストレスという心理的負荷を実感する。
生理の兆候なので対策を勘案して乗り切れると思案するが、生理とはちがった生理前の出血[不正出血]、下腹部痛、貧血等は病院で検診してみる事をお勧めする。
それから、生理前は、ホルモンバランスが崩壊していて、そこからストレスという心理的負荷になるような症状がたくさんでてくる為、ダイエットと禁煙は生理後まで取っておいて欲しい。
生理前や生理中は、できる限り食事とストレスという心理的負荷に気を付けて不調を除去する事である。無理にダイエットすると生理にも影響が少なからずあると思案するので注意して欲しい。
更に貧血気味の人は、体重の事等気にせず栄養を取ってほしい。生理前は、良く太ると云われてるが、体重増大しても気にしない事である。
それから、ストレスという心理的負荷を増大させる肌荒れも有る。
ニキビが出来たら、それだけでストレスという心理的負荷を感じちゃっている
。チョコラBBで改善出来るので超お勧めである。
生理前のストレスという心理的負荷として、貧血が惹起した時は、甘いもの等を取って血糖値を上げてほしい。
たとえば、チョコレートなどが良いだろう。
チョコレートは、情緒に落ち着きのない気持ちを落ち着かせてくれるギャバが入ったものがお勧めであるが、肌荒れの原因となるので過食に注意して欲しい。それと、生理前の眠気を実感してるときの車の運転だけは、注意して欲しい。


生理前の眠気にツボ(つぼ)押し改善法

生理前の眠気にツボ(つぼ)押し改善法がお勧めである。私の場合は、眠気とイライラと胸の張りが生理前になるとやってくる。
そこで、眠気防止のツボ押しを実践する事にした。ツボ押しが私には気楽に出来て、しかも合っている眠気対策だったのである。
ちなみに眠気改善のツボは、頭の上に在り、左右の耳の延長線上と鼻の延長線が交差するところにある百会というツボである。
このツボを両手の指で押さえて下に向かってツボ押ししていく。これは、その日の髪型にもよって出来ないときもある為、もう1つ紹介したいと思う。
それはうなじの外部の凹んだ部分のツボをボールペン等で刺激するというものである。
私の時は、このツボ押しで生理前の眠気はなんとか乗り切れる感じである。あとは、生理前でだるさや倦怠感を実感するからと述べて、あまり自分を甘やかさないようにしている。
生理痛が酷く[ひどく]不調を実感するときだけ休むようにしている。
イライラするからとか、だるいからという理由で生活リズムを変えては余計にだるさが広がりそうだからである。
生理前は、食後の眠気がずっと継続するような感じで本当に眠いものであるがつぼを刺激する事で少しは抹消される。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E2%80%A0%E2%80%A0%E2%80%A0%E2%80%A0%E2%80%A0%E2%80%A0&tbm=blg&output=rss&num=50






転職支援